スポンサードリンク

【はじめに】
当ブログの管理人はテーピングの専門家ではありません。当ブログで紹介しているテーピングの巻き方は、あくまで当ブログの管理人が行なっているテーピングの巻き方であり、医学的に正しいかどうかはわかりりません。当ブログで紹介しているテーピングの巻き方を実践したことにより被ったいかなる損害についても責任を負いかねます。実践する場合は専門家立ち合いの下、正しい巻き方で自己責任でお願いいたします。

スポンサードリンク

2007年02月07日

肌が弱い人のテーピング

肌が弱い人はテーピングをすることで肌を傷つけてしまうことがあります。

■アンダーラップで保護する

肌が弱い人がテーピングをする場合に、アンダーラップを巻くという方法があります。
肌に直接テーピングをしないことで肌を保護します。
また、粘着スプレーなども肌に合わない場合は使用を中止すべきです。
テーピングを外したあとのアフターケアも重要です。


ラベル:テーピング 皮膚
posted by テーピング 巻き方 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌が弱い人のテーピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。