スポンサードリンク

【はじめに】
当ブログの管理人はテーピングの専門家ではありません。当ブログで紹介しているテーピングの巻き方は、あくまで当ブログの管理人が行なっているテーピングの巻き方であり、医学的に正しいかどうかはわかりりません。当ブログで紹介しているテーピングの巻き方を実践したことにより被ったいかなる損害についても責任を負いかねます。実践する場合は専門家立ち合いの下、正しい巻き方で自己責任でお願いいたします。

スポンサードリンク

2007年02月07日

怪我をしないことが重要

何よりも重要なのは怪我をしないことでしょう。
そのために準備運動は十分に行い、無理はしないことです。
また、食事や休養もしっかりとり体調を整えましょう。

格闘技の試合を見ていると、体中テーピングだらけという選手がいます。
格闘技は裸なのでテーピングがよくわかりますが、その他の競技でも同様にテーピングだらけという選手はいることでしょう。
テーピングをしなければ競技ができないというのは辛いものです。

元気に競技に打ち込めるように、体には細心の注意を払うようにしましょう。


ラベル:怪我 テーピング
posted by テーピング 巻き方 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪我をしない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。