スポンサードリンク

【はじめに】
当ブログの管理人はテーピングの専門家ではありません。当ブログで紹介しているテーピングの巻き方は、あくまで当ブログの管理人が行なっているテーピングの巻き方であり、医学的に正しいかどうかはわかりりません。当ブログで紹介しているテーピングの巻き方を実践したことにより被ったいかなる損害についても責任を負いかねます。実践する場合は専門家立ち合いの下、正しい巻き方で自己責任でお願いいたします。

スポンサードリンク

2007年04月28日

膝のテーピング

膝も故障しやすい箇所です。
膝はオスグットなどで成長期に痛みが表れることもあります。
怪我や痛みの軽減の為、さらに予防の為に膝のテーピングをおこないましょう。


posted by テーピング 巻き方 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝のテーピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。